池田町 日本酒&ハーブカクテルコンペティション

Concept

地域資源を使った地域活性化に繋がる活動として、多くの方が楽しみ、味わいながら知ってもらえるような仕掛け作りの一つとして、日本酒を気軽に楽しんで飲んでもらえるカクテルコンペティションを目指します。

結果発表

池田町長賞(大賞) 「てるふ〜りんご酒」

審査員長特別賞  「なつのしろいろ」

大雪渓酒造賞   「ファーマーズサンセット」

福源酒造賞    「あずみのふろうと」

審査委員特別賞  「Aurora」

2018年年8月6日(月)に開催致しました「日本酒&ハーブカクテルコンペティション」の発表会を、福源酒造にて開催いたしました。

地域資源である町内の2つの酒造の日本酒とハーブを使った夏に合う爽やかカクテルのレシピは、33作品(池田町内14作品)の応募があり、次の優秀な5点を選びました。いずれの作品も日本酒が引き立つカクテルです。今回入賞した作品のレシピを再現し、店舗等で提供いただける方を募集しております。お気軽にご相談ください。

多くの店舗で味わえるようになればと期待しています。ご相談は、お問い合わせからメールにてお願い致します。

※カクテルのレシピは、公開しておりません。使用して下さる店舗のご紹介をいたします。

開催概要

募集期間/平成30年5月1日(火)~6月30日(土) ※応募受付は終了しております。

審査会/平成30年7月23日(月)13:30〜14:30(場所:池田町シェアベースにぎわい)

発表会/平成30年8月6日(月)15:00~16:30(場所:福源酒造)

 

応募資格/平成30年4月1日現在で20歳以上の方

賞について/池田町長賞(大賞)、大雪渓酒造賞・福源酒造賞(優秀賞)、審査員特別賞

賞品/各酒造メーカーから日本酒セット、池田町特産品

 

審査委員長/日本バーテンダー協会長野支部長 山﨑雄二

審査委員/池田町長 甕 聖章、大雪渓酒造株式会社、福源酒造株式会社

 

理念・定義

池田町の酒造、ハーブといった地域資源の活用により、池田町や北アルプス地域のレストラン、ホテル、居酒屋などが活性化に繋がっていくことを目的として開催いたします。カクテルを通して避暑地として訪れた地域外の方との交流を目指します。

日本酒の衰退は、地方にある歴史・文化の衰退ともいえるものです。地域にある酒造の活性に繋げる活動を通して、地域の歴史・文化を活性することも目指します。

蔵元の紹介

ダウンロード

主催

池田町役場産業振興課 花とハーブの里推進係「日本酒ハーブカクテルコンペティション事務局」

協力

一般社団法人 日本バーテンダー協会長野支部、池田町商工会青年部

協賛

大雪渓酒造株式会社、福源酒造株式会社

後援

信濃毎日新聞社、大糸タイムス社、市民タイムス、日本経済新聞社 松本支局、朝日新聞 松本支局、中日新聞社、読売新聞 松本支局、MGプレス、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、ANCあづみ野テレビ、あづみ野エフエム、池田町商工会、池田町観光協会

Copyright© 池田町 日本酒&ハーブカクテルコンペティション All Rights Reserved.